商品情報にスキップ
1 4

4trees coffee 焙煎LABO堺

パナマ タラマンカス農園 ゲイシャ【浅煎り】

パナマ タラマンカス農園 ゲイシャ【浅煎り】

通常価格 ¥1,900
通常価格 セール価格 ¥1,900
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
容量
豆の挽き目

パナマ タラマンカス農園 ゲイシャ 【ライト ロースト 浅煎り】

当店で初の取り扱いになる、パナマ ゲイシャ ウォッシュド

パナマのゲイシャの中でも、華やかさ、フルーティーさ、甘味。非常に素晴らしいゲイシャに出会う事ができました。

是非一度ためして頂きたいコーヒーです。


タラマンカス農園は、コスタリカとパナマにまたがるラ・アミスタッド国立公園の中にある、タラマンカ山脈の裾野に位置しており、農園名もその山脈名から名づけられました。

4世代にわたって、この場所でコーヒーの栽培、加工を営みとして暮らしており、家族で農園の運営を行っています。高品質なコーヒー生産に重きを置いている農園ですが、とりわけ注目すべき点は環境面の配慮。国立公園内に生息する野生の動植物を保全する活動として、地域のコミュニティや行政と協力しての公園内の美化活動や地域固有種の保護観察活動に力を注いでいます。

またシェードツリー以外にも農園の敷地内では積極的に植林活動を行われており、動物の生息域の維持に努めています。

【ゲイシャ種の歴史】

1930年代、コーヒー研究のため、エチオピア南西部のゲシャと呼ばれる地域で、コーヒーの原生林から収集されたいくつかチェリー付きの枝が採取されました。このうちの一つが今のゲイシャ種と呼ばれるものだったといわれています。その後このチェリーから育てられた苗は、タンザニアのリアムング研究ステーションに送られ、研究が進みます。さらにその後、1953年にコスタリカのCATIEセンターに苗が渡り「T2722」という品番が付けられ、さび病に耐性があるとの理由から、中米の各国で苗が育てられ始めました。レリダ農園のあるパナマでも1960年代にはゲイシャの栽培が始まりましたが、その当時は木の背も高く、枝も細く折れやすい、育てにくい豆として、農家さんたちには好まれず広まることはありませんでした。また品質も決して良いとは評価をされませんでした。(これはゲイシャ種の栽培に適さない低地で栽培されていたためです。)

それから約40年ほど忘れ去られていたゲイシャ種ですが、2004年に転機を迎えます。パナマのピーターソンファミリーが「ベストオブパナマ」のコンテストとオークションにゲイシャ種を出品したところ、その驚異的なフレーバーから非常に高い評価を受け、オークションでは過去最高の価格を破り、1ポンドあたり20ドル以上の値が付けられました。その後もゲイシャ種はオークションでは非常に高額な価格で落札され続け、このニュースは世界に広まって行きました。


Area  レナシミエント地区 サンタクララ
Process ウォッシュド
Variety  ゲイシャ
Altitude 1,350-1,400m

詳細を表示する